お店づくり

20年の実績

お客様に支持されるサロンづくり

平成8年11月22日、「HIAR STUDIO BANANA MOON」を東豊中に誕生させました
  4人でスタートしたサロンでしたが
平成15年石橋に2号店となる「HAIR STUDIO BANANA MOON WEST」をオープンし
平成18年箕面に3号店となる「HAIR  STUDIO BANANA MOON EAST」
平成20年豊中本店をフル改装し「hair & relaxation coco natural」に改名
平成23年石橋駅前に4号店となる「hair & relaxation coco natural 2」

平成29年全店 HAIR STUDIO Banana Moonに統一

  • スタッフによるお店づくり

  • お客様によるお店づくり

  • 地域環境によるお店づくり

新米経営者と新米美容師でお客様に支持されながら
私達スタッフは技術者として社会人として人として育てて頂きました
「人づくり」や「信頼信用」を時には忘れ、過ちを犯したこともありましたがそれも気付かされて
頂いたのもお客様であり関係者でありスタッフ同士でもあります
  これからもいろんな事が起こると思いますが時に初心を忘れずに誠意も持って歩んで行きたいと思います

安心環境

ゆったりと流れる空間の提供

レッスン

技の追及

基本のレッスン追及
技術についての姿勢

スタイリストになっても基礎練習を欠かさない。 
デザインは時代で変化しますが、
ベーシックは正しい知識と反復練習によって
体に身につけなければ、精度を高めることが出来ません。
だから店長を始めスタイリストになっても基礎練習は欠かせません。
理論に基づいた知識と技術を
お客様に毎回レベルアップしたものをご提供いたします。

1カット技術へのこだわり

どのヘアスタイルにおいても、必要不可欠なのがスタイルの土台作りとしてカットは非常に重要な要素と考え、ただ切るだけでは無くヘアスタイルの完成図を想像・構成して切る事でスタイリングのしやすさ再現性の高さが決まります。
またカット技術の精度(クオリティ)が向上すれば、パーマ・ヘアカラー施術との相乗効果により、そのヘアスタイルの完成度が高まると考えます

2基礎技術の向上

より完成度を高く・満足のいくスタイルを提供させていただく為には、カウンセリング後に決まったスタイルを忠実に作れる技術力です。その為には、基礎のカット力(精度)が必要不可欠になります真っ直ぐ切る・必要な段差を切る・丸みを保つ為の厚さの調整…など、当たり前の事を確実に切れる為 月に定期的な勉強会に外部講師による講習会の時間を設け正確なカット技術習得に取り組んでいます。
理論に基づいた技法を習得し、反復 継続してレッスンを行うことで様々な髪形・頭も形に対応できるようになります

3似合せるバランス

お客様一人一人で頭の形・顔の輪郭が違う為、似合うシルエット・フォルムを変えていきます。理想の髪形に最適な重さ・長さ・奥行等のバランスを合わせていく事でお客様が持つ魅力を引き出します。

4想像と技術

お客様とのカウンセリングで決まったヘアスタイルを作る事で技術力と同時に大切な要素として必要なのが想像力・構成力と思います。希望のスタイルを想像して、お客様に必要なカット・パーマ・カラーなどの施術はもちろん、そのお客様に似合うか、似合わせるのに必要なキーワードを想像してイメージ(想像)・バランス(設計)・スキル(技術)の3要素を踏まえて、一つのヘアデザインを完成することに磨きをかけています。

5ベーシックとトレンド

西洋から渡ってきたカットの手法が現在のカットの基礎とされています。その中でも、西洋人 東洋人では髪質・頭形の違いから、切る動作・切る部位など基本的な部分に違いがあります。ベーシックな代表例で例えれば、ワンレングスや段カット ウルフカットなど、どちらかと言えば “面と面”で“静的”な構成で単調なデザインが一つの主流でした。
近年のカット技術に欠かせない要素として上がるのは、“軽さ”・“動き”と言った“動的”な“質感”と言えます。スタイリング・パーマ・カラーなどでコントロールし表現する事も可能ですが、要は前途にある基礎カットと質感を加えるカットの融合によって、現代の複雑な構成で成立する一つのヘアデザインが完成するといえます。

トップへ戻る